家の耐震性能はここまで進化している Rotating Header Image

イケテル建材

ラフトンボード(富士環境システム株式会社)
ラフトンボードとは、もともと十分な断熱効果のある檜の板に、パルプ積層断熱材を挟み込むことによって、グラスウール並みの断熱効果を持たせた新しい断熱ボードでございます。直接日光のあたる屋根や、西面・南面などの壁への使用に特化しています。
使用用途は、屋根の野路板、壁や天井の仕上げ材、珪藻土や漆喰壁の木ずり下地板、床の下地材など、様々な箇所への使用用途があります。
ラフトンボードの特徴は、独立した空気の孔が積み重なった形状をしているので、室温との温度差が大きくなっても断熱性が落ちることがなく、野路板をかねて屋根に張るとより一層効果が出ます。また、檜の板の間に挟み込まれているパルプ断熱材は透気性能と防湿性の両方を備えております。材料自体が呼吸をするため、壁の中通気層を通気させて、結露を防ぎます。
逆にデメリットは、構造用の面材にはならない点。構造用にするためには、ホルムアルデヒド系の接着材を使わなければならないため、構造用にはできません。また、本物の檜を使っているため、天然木の特徴の一つである伸び縮みをするため、出荷の時に多少の寸法のばらつきが出るそうです。

PR|  注文住宅の素敵なキッチン

Comments are closed.